切妻平行弦トラス梁の軽量鉄骨構造計算

写真番号K0007

梁間方向18.2m、意匠側より中柱の配置が認められたため、棟に2間ピッチで中柱(□-125x125x3.2)を2本配置。中通りの平行弦トラスに梁間方向の平行弦トラスを架ける形式。最長のトラスは10.465mで弦材は□-75x75x3.2、ラチス材は□-60x60x2.3、梁成H=500。一般柱(□-100x100x3.2)は細長比が120以下になるように、耐風梁で拘束することにより座屈に対応。設計水平力は梁間、桁行方向とも約75KN、柱ブレースは各方向にM16x8組配置、検定比は0.68程度。

関連記事

お問い合わせはこちら

WEST HOMES

〒192-0051
東京都八王子市元本郷町3-10-10
TEL:042-623-9991
FAX:042-623-6553
会社概要はこちら

軽量鉄骨建築

ユニットハウス販売

ユニットハウスレンタル

仮設プレハブ

ページ上部へ戻る