admin-westgkの記事一覧

  • 合成柱の自動車修理工場の軽量鉄骨構造計算

    規模 10.375mx11.905m 延べ123.51㎡ 平屋建て 構造 軽量鉄骨造 基礎 鉄筋コンクリート布基礎 竣工 2022年4月 特長 高天井の自動車…
    詳細を見る
  • 写真番号:3368 墓地内事務所用ユニットハウス販売 5.3坪

    規模 3,908x4,508 平屋建て 5.3坪 構造 軽量鉄骨造(ユニットハウス) 屋根 金属折板t0.6 外壁 窯業系サイディングt16 内壁 …
    詳細を見る
  • ホイストクレーン付き工場の重量鉄骨構造計算

    クレーン荷重は空荷静止状態を地震荷重と組み合わせ、吊荷稼働状態を積雪荷重及び風荷重と組み合わせて、いずれも一貫プログラム内の応力計算用特殊荷重を定義し検討する。
    詳細を見る
  • 切妻平行弦トラス梁の自動車修理工場の軽量鉄骨構造計算

    梁間方向18.2m、意匠側より中柱の配置が認められたため、棟に2間ピッチで中柱(□-125x125x3.2)を2本配置。
    詳細を見る
  • 大きな庇を持つ事務所の軽量鉄骨構造計算

    庇に作用するせん断力を検討し、柱の設計曲げモーメントに加算した。柱はプレハブでは一般的な軽量リップ溝形鋼を採用。軸ブレースの降伏耐力に達した時点での柱梁に生じる応力で設計した。よって局部座屈は生じないと判断できるので、幅厚比の規定は適用しない。
    詳細を見る
  • 1.5寸勾配屋根の太陽光パネル倉庫の軽量鉄骨構造計算

    1.5寸勾配の屋根。2F床を木造下地とすることで固定荷重の軽量化を図り、地震層せん断力を抑えることができる。
    詳細を見る
  • 2段ブレースの車庫の軽量鉄骨構造計算

    正面にシャッター開口が3面あり、2段ブレースとすることによりせん断耐力を確保した。特に1階の軸ブレースの剛性バランスが片側に偏らないように配慮した。
    詳細を見る
  • 2Fデッキコンクリートの軽量鉄骨構造計算

    2F床はQLデッキ山上80mmがコンクリートのため、固定荷重は2600N/㎡、2F梁H-350x175x7x11、外周面のつなぎ材は[-150x75x6
    詳細を見る
  • 段違い屋根の倉庫の軽量鉄骨構造計算

    段違い屋根は水平構面の応力伝達が問題となる。1階と2階の段違い部に柱と軸ブレースを設けることにより、応力伝達は図った。
    詳細を見る
  • 片側全開口の車庫の軽量鉄骨構造計算

    XY方向共ピンブレース。片側全開口により1階の偏心率は0.15を超えているが、Co=0.3で強度期待型のため影響は小さいと考えている。1階の層せん断力は約30KNで梁間方向はM20軸ブレースx2で耐力は十分。
    詳細を見る
お問い合わせはこちら

WEST HOMES

〒192-0051
東京都八王子市元本郷町3-10-10
TEL:042-623-9991
FAX:042-623-6553
会社概要はこちら

軽量鉄骨建築

ユニットハウス販売

仮設プレハブ

ページ上部へ戻る